前へ
次へ

ビタミン剤の処方より新鮮な食材から酵素を摂取

心身の調子が優れないと感じたとき、何か病気ではないかと医療機関を受診することもありますが、体内の酵素不足が原因かもしれません。心配であればもちろん病院での検査をして、異常がなければ安心できますし、医者に相談をして必要なビタミン剤などを処方してもらうこともできます。人間の体内には酵素が存在していますが、不足状態だと体は疲れやすくなるため、医療機関の受診も良いですが酵素を積極的に摂取するのも良い改善方法です。潜在酵素と食物酵素があり、1日あたりの生産量は限りがありますが、積極的に酵素を他体内へ取り入れることもできます。健やかではつらつとした体を維持するために、必要な一つは間違いなく酵素です。食べれば何からでも摂取できるわけではなく、酵素の少ない食べ物ばかりを食べていては、体内酵素をたくさん消費してしまいます。高温で処理した料理などはまさにそうであり、焼き肉や揚げ物にラーメンなども控えたほうが無難です。逆に高温処理していない新鮮な野菜や果物、昆布やわかめにみそや納豆などの食材を食べることで、体内酵素をアップさせることができます。

Page Top