前へ
次へ

シミの悩みは医療機関に相談しましょう

気になるシミは、自宅で行うスキンケアでは消すことができないと言われています。そんな頑固なシミも医療機

more

ビタミン剤の処方より新鮮な食材から酵素を摂取

心身の調子が優れないと感じたとき、何か病気ではないかと医療機関を受診することもありますが、体内の酵素

more

感染症対策で家でできる医療対策

感染症が拡大する中で、家庭でできる医療対策などが度々テレビなどで取り上げられていて、とても参考になり

more

医療現場をハイテク化させる大切さ

時代の流れで家電や日用品なども便利に使用できるように進化をしていますが、医療の現場でもハイテク化が進んでいます。医師や看護師のサポートにより、患者さんは高品質な医療を受けることができますが、余りにも人にだけ頼りきりになると、現場が疲弊してしまいます。感染症などが流行したときにも、医療現場は非常に忙しい状態になりますから、医療従事者の人達をサポートする体制を整えておくのが大切です。医療従事者をサポートする役目として考えられるのが人工知能などの最新のハイテクなテクノロジー技術になってきます。人工知能の他にもIOTやロボットなどがハイテクなテクノロジー技術として考えられますが、医療現場でもこれらの技術を活用することが可能です。特に医師が診察をするときやレントゲン撮影などで病気を発見するときなどに、人工知能の力を取り入れれば、作業を効率化することができます。レントゲン撮影などで病気を見抜くときには細かい部分を隈なく確認していく必要があり、それを医師が対応していると長時間労働の問題に繋がってしまいます。人工知能は深層学習をさせることで、どんどんクオリティが上がっていきますから、病院に蓄積している情報を学習させていくことで、高品質な診断が可能になります。人工知能に検査や診断などの対応を任せることができれば、人間の医師は違う作業に時間を使用することができるので、医療現場全体の質が高くなるのがメリットです。また感染症にかかっている患者さんを対応するときに、人間の医師や看護師が直接対応してしまうと、それらの医療従事者も病気を発症してしまう可能性が高いので、ロボットを活用する必要があります。ロボットであれば感染症を発症してしまうリスクは皆無ですから、効率的に患者さんを診察していくことができます。人工知能とロボットの相性はいいので、両方の力を組み合わせれば、医療現場だけでなく、患者さんにも安心感を与えることが可能です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top